こんなにあったの!日本語ラップで大炎上したビーフたち

こんなにあったの!日本語ラップで大炎上したビーフたち

日本語ラップ(nihongo-rap.com)

◼︎ビーフ(BEEF)ってなに?

ビーフ(beef

アーティスト間の論争、(非物理的な)喧嘩の事。

1984年に放送されたアメリカのウェンディーズCMで架空のチェーン店がハンバーガーと称する、クッションのように大きいパンに挟まった小さな肉におばさんが憤慨して「Where’s the beef?(肉はどこにいったの?)」といったのが語源。

CMはウェンディーズが競争相手のマクドナルドバーガーキングより中身の牛肉のパティが多いことを印象づけるためのものであった。

これが流行語となり、この年の大統領選挙民主党候補を決定する予備選挙で政策の中身の優劣を議論する際にスローガンとして使われた。

 

 

◼︎一番有名なビーフ!!「ZEEBRA vs KJ

 

元々、Dragon Ashの降谷建志(KJ)はZEEBRAをリスペクトしていて、

その縁もあり、一緒にGrateful daysなどの楽曲を出していた。

しかし、Dragon Ashがリリースした『Summer Tribe』でのKJのフローや声がZEEBRA

あまりに似せすぎていて、リスナーが不信感を抱くようになり

ついにはZEEBRA本人がKJをDISるというBEEFに発展した。

下記が、キングギドラの「公開処刑」にて歌ったバースである。

せいぜいスキル磨きなめいめい 覚悟決めんのはおめえだ kj

臭え金魚のふん?用はねぇ おめえのGrateful Daysも今日まで

この先は通さねえぜフェイク野郎 この俺が自ら手ぇ下そう

声パクリ そしてフローぱくり ステージでの振る舞いも超パクリ

まるでモノマネ歌合戦 親子で出にゃつまらんぜ

 

 

Kjはこの事を受け止めて生きていくと表明した。

その結果、彼の音楽の方向性は一途に変わり、ラップ調の曲はいつの間に出さなくなっていた。

KJ、アンサーソングは出さないとしている。

本件はBEEFといえどZEEBRAがKJをボコボコにした結果に終わった。(現在は和解した模様)

◼︎TERIYAKI BEEF」(テリヤキビーフ)

SEEDA&OKI が、

m-floverbalRIP SLYMEROY-ZILMARIWISEという四人のラッパーによるグループTERIYAKI BOYZに向けて行ったビーフ。

TERIYAKI BOYZ20091月に発表した『Serious Japanese』という曲で、

SEEDA&OKIによる『Sai Bai Men』という曲の一節をオマージュにしたフレーズが使用されていたことをきっかけにSEEDAOKIが憤慨し、

SEEDA&OKI vs TERIYAKI BOYZBEEFが始まった。

英語がお得意様なバーバル 日本語 言語障害 あたま()パーマン

そのメガネもピックする言葉もださい わびサビ 歌詞には見当たらない

おっと服に猿がついてる? 栽培マン好きじゃクサでもやってる?

ポップなセレブが3面飾っちゃう? APEは一発で終わっちゃう?

般若にdissられ SEEDA dissちゃう? 自分の都合で相手を変えちゃう

クリスチャン気取りのおっさんら 右の頬だせば左もだせるか?

何がシリアスジャパニーズ NASにジガにビギーはシリアスアメリカン?

何がシリアスジャパニーズ 育ちが良すぎて何も知らない坊ちゃん

テレビではねてるチキン5羽 照り焼きボーイズがボンボンボンボン

限定5羽のぼんぼ コンボ 一人で食べちゃう?

これを受けてVERBALは、

自身のブログ内で「自分のポッドキャストの番組内で話したい」と回答。

VERBALからL-VOKALを通じてSEEDAに連絡され、SEEDAは出演に応じた。

Verbalは発端の引用をあくまでもリスペクトの上でのオマージュであったと主張し、

和解に終わった。

Varbalらしい解決方法であるが、

ラッパーを名乗るのであればラッパーとしての方法(アンサーソング)で解決して欲しいのは言うまでもない。

◼︎RAU DEF VS ZEEBRA BEEF

若手ラッパーのRAU DEFが、ZEEBRAへのディス曲を発表した。

このビーフ自体には私恨やはっきりとした理由はなかったようだが、

スキルがある若いラッパーと大御所ZEEBRAという構図がラップ好きにはたまらない内容となった。

下剋上by新世代のLeader

そろそろ白黒つけようぜZEEBRA

トチ狂って年上にライムでケンカ?

若手いじめるのは柄じゃねえ

Beefに生きる者はBeefに死す

このビーフはお互いリスペクトあったから成り立ちましたね、

ZEEBRAは格下過ぎたら動くことはなかったでしょう。

にしてもZEEBRAはアンサーソングを一晩で完成させてアップした部分はやはり

日本語ラップを背負って立つだけはありますね。

 

 




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加

Be the first to comment

この記事についてコメントをする

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)