意外に良いかも、櫻井翔のラップに迫る。

意外に良いかも、櫻井翔のラップに迫る。

日本語ラップ.com(nihongo-rap.com)

ポップなラップ。

アイドルラップ。

大衆への迎合の為にラップを使用している曲は、

時として、熱狂的なヘッズたちの批判の対象となる。

しかし、上のどちらにも該当せず、

だからと言って、ヒップホップとも言い難いラップがあるのはあなたはご存知だろうか。

それが、嵐の櫻井翔が歌うサクラップである。

 

 

◼︎櫻井翔のサクラップとは?

 

 

 

嵐の櫻井翔が得意とするラップ(=サクラップ)のことを言う。

従来のジャニーズのファン層のみならず、

実はジャパニーズ・ヒップホップ・シーンのラッパーにも一目置かれており、

櫻井は、VERBAL、ライムスターの宇多丸、Zeebraなどラッパーとの交友が深いと言われる。

なんと、彼がラップに目覚めたのが、

1996年7月7日に日比谷野外音楽堂で開催された伝説的ヒップホップイベント『さんピンCAMP』であると知られており、

ラップへの入り口はコテコテのヘッズたちと同じなのである。

◼︎サクラップの内容とは

 

「右へならえ」から踏み出すこの一歩を 打った点が分ける結果 陰と陽

だから知っとこう生きるヒントを かすむ蜃気楼すらも掴む勢い

 

“陰と陽”と”ヒントを”でしっかり韻を踏んでいますね、

アイドルグループらしく、前向きな内容をラップしています。

 

 

大卒のアイドルがタイトルを奪い取る
マイク持ちペン持ちタイトルを奪い取る
hip-pop beat yo
 ステージ上終身雇用

奪い取るというワードが使われ、

ヒップホップに重要な反骨精神が現れていますね。

 

 

 

◼︎サクラップの今後

 

AAAの日高がそのラップスキルで

SKY-HIとしてヒップホップ界の支持を一気にさらった例があるので

 

もしかしたら、今後サクラップもそうなる未来があるかもしれません。

しかし、ヒップホップが好きな人たちにとっては

現時点では別ジャンルのいい音楽という印象でしょうか。




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加

1 Comment

この記事についてコメントをする

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)