KOHHだけじゃない、韓国とのハーフやクォーターのラッパーたち

KOHHだけじゃない、韓国とのハーフやクォーターのラッパーたち

 

日本語ラップ.com(nihongo-rap.com)

肌の色や、国籍の違いで人を差別する時代は終わりました。

 

黒人色が強かったヒップホップでEMINEMが成り上り、前大統領のオバマは白人ではありませんでした。

日本人の中では(特にネット上では)嫌韓が叫ばれていたり、在日差別が蔓延っていますが、

小さいアジアの中でその区別だけで人の尊厳を踏みにじるのはあってはならないことと感じます。

 

特にコリアン系のミュージックやアイドルはその最先端の技術と豊富なコンテンツで私たちを楽しませてくれます。

 

本日は、そんな韓国の血筋も持っているアジアスケールなクールなラッパーを紹介します。

 

 

KOHHは韓国と日本のハーフ

 

 

KOHH コウ

本名 千葉 雄喜

別名 YELLOW T20

生年月日 1990422

出身地 東京都北区王子

 

KOHHは父親を亡くしていますが、亡くなった父親は韓国人であったようですね。

 

そもそも「KOHH」という名前の由来は韓国人で今は無き父親の苗字「黄(こう)」からとったものです。

 

般若(Feat. KOHH) – “家族”という曲では父の存在を歌っていますね。

 

実家でじいちゃんと一緒に マズいたばこを吸っていたあの時

「達雄は事故死じゃないんだぞ」って

言われてじぃちゃんのこと三度見

マジかよなんだそれ

真実を知るのなんか怖ぇけど

結局うやむやにごまかされた俺

まだ本当の事は知らない俺の勘ぐりじゃオーバードーズ

 

 

真夜中亀戸のお墓に行って一緒にレモン酎ハイを飲む

ねぇ黄達雄聞いてるか俺の音楽を

日本人だけど韓国のお父さんの名前俺も使うよ

KOHH

 

 

 

 

 

般若も韓国と日本のハーフ

 

 

般若 (はんにゃ)

本名:武田 嘉穂(たけだ よしほ)

生年月日 19781018

出身地 秋田県大館市出生 東京都世田谷区出身

 

日本人の母と韓国人の父との間に生まれた日韓ハーフであり、父親は1歳半~2歳の間に既にいなかった為父親に関する記憶が無く、自らがハーフであることは20歳を過ぎてから知ったと発言しています

 

彼自身、日本を愛していますが自身がハーフであったことを知り、二国の関係性に考えを歌に乗せています。

その「土足厳禁」という曲ではでは日本と韓国の歴史認識問題や、それに伴う政治的対立について無関心、無頓着であるにもかかわらず韓流ブームに乗っている人々を批判し、両国民同士がお互いを尊重し合い礼節を保つべきだという内容を主張しています。

 

アレはいついつどんな日で どんな空の色 どんな地面

生まれた時の記憶は無ぇ その辺とか皆同じで

例えばへその緒の先が「地球」だとしたら差別はそんなに無ぇ

過去があるから未来(いま)がある

だから日の丸の下とんがりてぇ

あれは年の瀬も迫る由緒正しきは京都のとある神社 鳥居を壊し韓国人が乗っ取っちまったらしいんだ いいかい?

 

在日のみんな調子はどうだい?

一体どーなる俺らの存在

Respect すべき親とか兄弟 それらを担う子どもの将来

島国のみんな調子はオーライ

そろそろくどいか?

それでもどーだい?

誇りたいね 日本男児である事に生涯

 

血と血が混ざる それがハーフ じゃあ言う確かオレにもね半分

 

 

 

 

VERBALは在日韓国人3世

 

 

 

VERBALバーバル

本名:柳 榮起 류영기 / リュウ・ヨンギ

生年月日 1975821

出身地 東京都出身

血液型B

 

m-floTERIYAKI BOYZ®PKCZ®HONEST BOYZ®︎のメンバーとして有名なVERBALは本名からもわかるように在日韓国人3世です。国籍韓国となります。

 

2011年には、リーボックのアジア地域クリエイティブ・ディレクターに就任しましたが、生まれのバックボーンがある彼だからこそこの肩書きを与えられたのだと思います。

 




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加

1 Comment

この記事についてコメントをする

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)