U-22MCバトル 超ライブ×戦極 2017年第二次選考会レポート

amateras

U-22MCバトル 超ライブ×戦極 2017年第二次選考会レポート

 

 

ライター:MC派遣社員(@prpmqjjpmzrm)

 

 

3/10、今回は戦極U-22の第二次審査会に行ってきました!

 

場所は渋谷LOFT9、入場無料でベスト16から生中継でした

 

平日でしたが100人以上は確実にお客さんが入ってましたね。

今日もお友達のレゲエディージェーshima君が出場するとのことだったので渋谷駅で待ち合わせでしたがまた遅刻してきました…。

 

 

今回のエントリー数は80人!ルールがめちゃめちゃシビアです。

 

判定時、両方に声が上がらなかったら両方敗退…。

 

シビアすぎる…。(このルールが適応されたシーンはありませんでした。よかった笑)

 

 

1.2回戦はほとんどの試合がどちらかがしっかりと会場を韻やことば遊びでロックし、見ごたえがありました。

その中で目立ったのは乗せやすいオリジナルビートが多い中、フローで魅せたNoZuTERA-Zです。

 

NozuはUSっぽい乗せ方の中でしっかり韻を踏みつつ、アンサーを上手に返していました。

TERA-Zはレゲエ調を彷彿させる歌う、リズミカルなフローで会場をロックしました。

 

 

一回戦ベストバウトはMC-TEI対あっち

 

同い年くらいですかね?(1個違いでした)

同じ調布レペゼン同士の戦いだったようで、先行から客をわかし続けたMC-TEIが勝利しました。

 

 

ベストパンチラインは一回戦MC龍戦に勝利した江戸川のRYOTAの

「俺のこと褒めてるけど本当は勝ちたいんだろ?褒めといて最後に落とす。お前昔の俺にそっくりだぜ。」

です。8小節2本目の最後でこのパンチラインを落として会場を熱くさせました。

 

 

 

2回戦が終わるとライブショーケース。

 

1番手は前回王者9for。勢いのある若手らしいライブを魅せてくれました。

 

KEN THE390、MC正社員と対話する9for

 

2番手は2016西東京UMBの王者SONNY。

 

自信で手がけたという王道のクラシックをオシャレに乗せたビートでSONNYらしさを全面に発揮した曲を披露しました。

 

ライブ後、KEN THE390、MC正社員に挨拶するSONNY

 

ベスト16前、最後のライブは江戸川のRYOTA。

罵倒、戦極でお馴染みのRYOTAはポエトリーなラップで自身の思いを熱く伝えました。

ライブをするRYOTA

 

ライブの後はベスト16のバトル!

メンバーは

RYOTA

ruler

白坊

SHOHEI

inferio

がーどまん

アゴボーイ

ワイジニアス

SONNY

TERA-Z

NoZu

MC-TEI

風車

アビト

がじゅまる

大和

 

 

それでは結果です、

 

 

◯RYOTA対ruler

「配信開始!」の合図で先行から切り込んだRYOTAの勝利

 

白坊対SHOHEI◯

「Q&A、砂時計」など高度な韻を合わせたSHOHEIの勝利

◯inferio対がーどまん

inferio「FORKが韻を踏むのはマナーと言っていた。フォーク。テーブルマナー。テーブルの上で踊っていな。」

 

◯ワイジニアス対アゴボーイ

ワイジニアス「1.2.3を待たず8小節の旅の始まり」スチャダラパー、今夜はブギーバッグのサンプリング

 

◯SONNY対TERA-Z

SONNY「同じ、エントリー2000円払うならJOYSOUND行っとけ戦極ビートがJOYSOUNDに入った記念イベント配信翌日のパンチライン

 

◯NoZu対MC-TEI

TEI「ブルァァってもう弾切れか?」

NoZu「ブルァァ、ブルァァ

 NoZuの突出したフロー勝ち

 

風車対アビト◯

関西風の韻を披露したアビトの勝ち

 

◯がじゅまる対大和

忠犬ハチ公の命日と自身の誕生日を絡ませた内容でわかせたがじゅまるの勝ち。大和の韻を踏みつつの「supremeを着た悪魔のラインもKEN THE 390絶賛。(プラダを着た悪魔からの引用)




 

 

ここで第2部ライブショーケースです。

 

1人目は2016神奈川UMB準優勝のada。

リズミカルなビートに自身の名前を乗せた乗りやすいラップを披露しました。KEN THE 390が「他の曲も聞いてみたい!」と絶賛でした。

 

身振り手振りで盛り上げるada

 

続いて新アルバムTrainspottingの中から2曲、Mellow AkiraとOasobiを披露したLicK-G。

 

特に一曲目のMellow Akiraは会場大興奮でした。

 

客席に降りたり、ステージの最前列付近に座り込んだりと大いに暴れていました。

4/16には渋谷visionでの無料ライブを控える。すごすぎる…。17歳…。

 

トラップのビートに合わせて揺れる会場

ライブ後にMC正社員とKEN THE 390と会話するLick-G

 

ここからベスト8です!

 

◯RYOTA対SHOHEI

熱量で飲み込んだRYOTAの勝利

RYOTA「日本男子、I’m still only!」

 

inferio対ワイジニアス◯

ワイジニアス「まずしっかりと目を合わしな。それが出来なきゃMellow Akira(諦めな)」

ライブしたLick-Gのサンプリングを駆使したワイジニアスの勝ち

 

◯SONNY対NoZu

SONNY「スコスコ言うだけの忍者、すくすく伸びた鼻をヘシ折るぜ」

SONNY「3連符、朝飯前のpiece of cake」

SONNYさんの韻を踏みつつオシャレすぎる言葉使い…さすがです。

 

アビト対がじゅまる◯

がじゅまる「クレイジーみたいなラップ」「沈める道頓堀」

がじゅまるのアンサー力の前に関西の押韻の使い手アビト敗れる

 

ベスト4

 

RYOTA

ワイジニアス 

SONNY

がじゅまる

 

が残りました!




 

ここから8小節4本勝負です!

 

ワイジニアス対RYOTA◯

「言いたいことを言ってる」と叫ぶワイジニアスに対して

SUKIKATTEのサンプリング「やりたいことやるやめたいことやめる議論の余地なしお前もだろ」と返すRYOTA。

その後も「努力の天才」と語るワイジニアスに対して「努力はうんこと同じ。人に見せる物じゃない。」と美学を語ったRYOTAの勝ち。

 

がじゅまる対SONNY◯

がじゅまるが「斬鉄剣、ゆっくり乗せるアルデンテ」と言ったことに対し、

「簡単です、ゆっくり乗せるのは本当はアンダンテ」と、音楽記号の間違いを指摘したSONNYの勝利

 

 

ここで決勝!

 

この8×4で本日の優勝者が決まります。

 

RYOTA対SONNY

 

 

目を合わせて勝負する両者

 

RYOTA「お情けちょうだい何本目。書き続けるボールペン」

 

SONNY「painをgainに変えるためまだ続けるストーリー」

 

RYOTA「綺麗事かもしれないけど綺麗事の先にこのブームの先があんだよ!」

 

SONNY「手のひら返されてもブーム、ムーブは終わらねえ」

 

真っ向から熱量で攻めるRYOTAに対して、細かい言い回しの中に熱量を静かに込めるSONNY。

 

 

 

 

 

判定はギリギリでRYOTAに軍配が上がり優勝はRYOTA!

 

準優勝のSONNYと共に夏の本戦に進みます!

 

賞金を貰い喜ぶRYOTA

 

これにてイベントは終了!お客さんの熱量もとても高い楽しいイベントでした!

 

次回のU-22予選は4/5!また生配信もあると思うのでぜひみんなで見ましょう(^ ^)

見逃した方はこちらから→https://freshlive.tv/cholive_sengoku/88356

 

 

司会のMAKAさんもお疲れ様でした!

 

 

(MCネームの間違いなどありましたらお手数ですがMC派遣社員のツイッターへご一報ください。訂正いたします。)

ライター:MC 派遣社員(@prpmqjjpmzrm)

戦極社長のMC正社員さんとは別人です。 ピースに実況やります。見つけたら絡んでください リプ見落としあったらごめんなさい 僕のTwitterは遊びです。見やすさなどを考え、リプライはしばらくしたら消すことがあります。ごめんなさい!!




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加