ラップ好き必見!ラッパーが使うヒップホップ用語やスラングの解説

ラップ好き必見!ラッパーが使うヒップホップ用語やスラングの解説

 

 

日本語ラップ(nihongo-rap.com)

下記の用語を覚えれば、あなたもヘッズの一員になれます。

ラップの中でよく出てくる言葉ばかりですので、ラップ好きなら全て押さえておきましょう!

・ill  (イル)

病的なといった意味の褒め言葉。

お前のスキルはイルスキルだね。みたいな感じで使います。

a.k.a  (エーケーエー)

as known asの略。

別名、またの名は~

といった意味。

MC  (エムシー)

microphone controller の略。

「ラッパー」の意味。

ラッパーはMCなんとかって名乗ったりします。

・パンチライン

印象的なラップのこと。

パンチのような重みのある言葉のこと。

・フロウ  (フロー)

この言葉はよく使われますが、歌い方、言い回し、などの意味。

・ライム

韻という意味です。

韻を踏むことをライミングと言ったりもします。

wack(ワック)

ダサいという意味。

お前はワックなMC!といった感じでバトルでは使われます。

・ディス (dis)

ディスリスペクトの略。

相手を貶すことですね。

・レペゼン

representの略。出身を表します。

俺のレペゼンは東京!などと使います。

・リリック

歌詞のこと。

Dope  (ドープ)

めっちゃやばいと言った褒め言葉で使われます

・コンプラ

complianceの略。通称コンプラ

法令違反などをしないことといった意味があります。

なので違反を連想させることをフリースタイルダンジョンでいうと

コンプラという字幕が出てくるのですね。

・ラーダマーシー

lord,have marcy

「慈悲を持て」という意味です

たまに使うラッパーがいますよね。

・ビーフ(beef)

悪口を言うことや、揉め事のことですね。

・ビガッ(big up)

ビックアップ。相手に対して感謝や尊敬を表します。

・コーストゥコース(Coast to Coast)

太平洋岸から大西洋岸まで。

つまりは全米を表します。

・レッツゲリロン (Let’s get it on)

さあ始めようぜ!といった意味です。

まだまだありますが、これだけ押さえればヒップホップ好きを語ってもいいでしょう!




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加