第11回高校生RAPメンバー決定!!!!!

第11回高校生RAPメンバー決定!!!!!

 

 

ライター:MC派遣社員(@prpmqjjpmzrm)

 

3/30に仙台にて行われる第11回高校生RAP選手権のメンバー16人がBAZOOKA!!!番組内にて発表されました。
以前、記事内で僕が予想したメンバーはどれだけあったていたのでしょうか。
そちらも含めてごらんください。

派遣社員予想メンバー こちらの記事参照

  • 9for(戦極各種イベント、大乱闘等)

  • Core-boy

  • APELIL(school of rap、第9回)

  • TERU

  • がーどまん(ENTER)

  • ヒースポイ(第8回)

  • Luiz(第8回、罵倒予選準優勝)

  • SALBADOR(第7回、第8回)

  • G-HOPE

  • Kai-tone(UMB2016沖縄)

  • 焚路(UMB札幌ベスト4)

  • MCミメイ(school of rap準優勝)

  • ILL-C(第8回、第9回)

  • SLEAZY(第6回、第7回、第8回)

  • Braker(school of rap)

  • R’kuma(第9回、第10回)

実際のメンバー

Core-Boy (板橋 16)

Luiz (杉並 17)

ミメイ (京都 18)

HYDO (和歌山県御坊 18)

夢句 (横浜 16)

Hardy (大阪 16)

Authority  (青森県黒石 19)

NoZu  (町田 19)

4stump   (東大阪 18)

SHABAZ  (新潟 17)

T.T.K  (いわき 18)

9for  (横浜 18)

MOGURA  (札幌 16)

G-HOPE  (長野県岡谷 17)

MC鋼        (大分県別府 15)

W1NG   (高知県 18)

 

 

 

 

今回の予選TOP通過は9for。

 

 

横浜在住18歳の高校三年生。

最後のチャンスを見事ものにしたおそらく彼は優勝候補として最も注目を集めているMCである。

 

先日3/18に代々木公園でおこなわれた渋谷サイファー祭りのトーナメントバトルでは、同じく第11回出場者のCore-BoyとLuizを倒し、見事優勝を果たしている。

 

オーディションの審査員であるKEN THE 390は「韻やフローだけでなくトンチの聞いたアンサーがすごい」と番組内で語った。

 

その例としてKEN THE 390は「蟻のように踏みつぶしてやる」と相手に言われた9forが、「蟻がたかるような甘いスキル」と返したと話した。大舞台を含むあらゆる場所で飲んバトル経験豊富な9forをいかにして崩すか、どんなテーマで勝負するかが他の出場メンバーの優勝への課題であることは間違いないだろう。




その次に優勝予想として多く名前が挙がるのがCore-Boy、Luiz、G-HOPEの三名だろう。

 

高校一年生ながら、ビートにうまく合わせつつの早口に韻を落とし込み、さらに自信満々のアティチュードで他と一線を画するのがCore-Boyだ。たまたま思い出したのだが、

 

今、この記事を書いている僕が着ているパーカーの色違いをCore-Boy君も着ていたことがあったので謎の親近感を一方的に抱いているということは言っておきたい(どうでもいい)。

 

LuizはACEの弟として知られているが、最近ではとんでもない早口に乗せて大量の韻を落としまくるスタイルでめきめきとスキルを伸ばし続けている。

 

正直、第8回に彼が出場した際は、かなり緊張してい るようにも見受けられたが、今回は2回目ということもあって、その実力を存分に発揮してくれることに期待したい。

 

彼のラップの最大の強みは意味の通った長めの韻を即興で踏めることでもある。上位進出に期待したい。

 

G-HOPEは裂固とのバトルでの勝利によって有名になったMCである。

 

とにかくパワフルに韻を駆使してくるMCで、おそらく韻の魅せ方がお客さんにうまくはまれば会場を巻き込む力を最も秘めているMCだと思われる。めちゃめちゃ韻踏んでくる相手との熱い一戦が見たい、、、。

戦極新年会で優勝した夢句も注目MCである。

 

彼はB-BOY PARKで晋平太にマイクを握らされラップを始めた。その後はkateという名で、戦極スパーリングや、UMBに出場し、経験を積んだ。戦極スパーリングではMCニガリやMCレイとも対戦をしている。




UMBでは、東京予選などでの活躍が認められ、リベンジ予選にもブッキングされていた。夢句というMCネームは、同じ神奈川のMCである句潤にMCネームを授けられた。

 

選手権に出るべくして出る予定であったかのようなエピソードを持つ彼の実力も相当なもの。仙台でも持ち味の落ち着いた雰囲気から着実に相手を追い詰めていく押韻に期待したい。

その他にも、第9回に鮮烈デビューを果たしたW1NGはもちろん、フリーキーすぎるフローと発音の中に、うまくディスと韻をミックスするNoZuや、関西の正統派押韻職人ミメイ、UMB2 016グランドチャンピオンシップ出場者のAuthority、ラップを今年1月に始めたMOGURAなどスキルもキャラも持ち合わせたMCが揃う。

 

 

ここで毎回おこがしいながら、優勝予想をさせていただきたいと思う。

本命 9for

対抗 Core-Boy

注意 夢句

皆さんもぜひ、過去のバトルなどもふりかえりつつ優勝予想をしてみてはどうだろうか。

(画像はすべて3/20放送のBAZOOKA!!!より)




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加