第11回高校生ラップ選手権の解説レポート

第11回高校生ラップ選手権の解説レポート

 

 

ライター:MC派遣社員(@prpmqjjpmzrm)

 

 

こんにちは!MC派遣社員です!

 

本日は第11回高校生ラップ選手権のレポート記事を書かせていただきます。

 

 

3/30早朝、僕は我が家の車でお友達のきょーじと2人で東京から仙台を目指していた。

 

隣にきょーじが乗っているため、

車内にかける選曲のミスは出来ないという謎の緊張感を持ちつつの運転。

 

引っかかるオービス。

福島県警による速度違反の取り締まり。

美味しすぎるPAのきのこ汁。

現地の高すぎる牛タン定食。

 

さあ!到着です!きのこ汁以外全部忘れましょう!

 

今回の会場はキャパが1200ほどの例年に比べ、小さめの会場。仙台PIT。

 

今回はライブアクト無し。

代わりに高校生ダンスバトル選手権。

 

それが終わってすぐ高校生ラップ選手権が始まりました。

 

こちら今回の出場メンバー

BAZOOKA!!番組内より

 

1回戦 第1試合はCore-Boy対4stump。

 

イケメン対決です。

このトーナメントの1番上と1番下にはおおよそ優勝候補として騒がれるようなMCが揃うのが例年の傾向です。

 

ビートはAK-69のSwag In da Bag。

 

7小節目から速いスネア?じゃないか、みたいなのが切り替わるのが特徴です笑

 

(参考動画:AK-69-Swag In da Bag)

 

先行の4stampはCore-Boyのこれまでのツイッターでの発言へのディスや

 

Core-BoyとZeebraの関係性へのディスを痛烈に送りながら早口、そして長め短めの韻を織り交ぜる戦法。

 

対してCore-Boyはそれにアンサーを返しながら早口で韻を決めていく戦法。

 

 

4stampは聞いたことの無いような韻の踏み方が特徴的でした。

 

Core-Boyは2本目の最後の方で

 

「Zeebra the daddy 今まで抜け出すこの生活いくらかマシ。間違いない。今まではクソダサかった。でも今日見せる夢は嘘じゃなかった。」

 

とありましたが、

 

この前半部分はSALUのStudiolifeのサンプリングでしょう。

そこからの繋ぎも見事すぎました。

 

延長では梅田サイファードイケンのサンプリングで「関東レペゼンNo.1プレイヤー」を落とし込むCore-Boy。

 

(参考:4:28あたりから)

 




それとツイッターで問題になっていた「パジャマ問題」。

 

これは4stampが戦極の池袋PARCOで行われたイベントの対ニガリ戦のCore-Boyについてバトル中に言及したことから始まる

 

「てか、お前パジャマで来るんじゃなかったのかよ?」これに対してCore-Boy。

 

選手権の王者に勝ってパジャマで来るって言ったんだよ、話し聞いてたのか~?」

 

Core-Boyがパジャマで来なかったのを「リアルじゃない」と批判する人がネット上にたくさんいるが、

 

これは動画を見返してもらえばわかるが「3月、選手権の王者倒して選手権パジャマで行ってやるから見てろよ」と言っています。

 

よって、ニガリ(選手権王者)に負けたCore-Boyはおしゃれしてきた!以上!あざした!

(参考:戦極PARCO)

 




 

Hardy対G-HOPEはHardyのバースでなぜ観客沸かないの?

という意見が多いようですが、

 

Hardyは特に1ターン目で高度なフローをやっていますが特に落とし所がわかりやすくあるわけではないので

 

高校生ラップ選手権に来る層(特に今回は仙台だったので現場慣れしてない人が多いかと)は、沸きにくいと思います。

 

だからどうとかじゃなくて勝敗は審査員が決めるし問題はないです

 

テレビでもやりますから評価できる人が評価してくれればHardy本人も何も損はないはずです。以上。あざした!

 

 

 

 

あ、あと「やばいやつ、サバイバル、わかるはず」からの青コーナーでも赤いザク」G-HOPEのラインは流石でした。

韻のレベルは今大会でも1つ抜けてました。

 




 

 

Authority対LuizはさすがUMB青森予選優勝のAuthority。

 

戦極などの現場で試合慣れしているLuizにあの手この手でくらいつきます。

しかし、Luizが最近得意とする2つの技にやられる形となりました。

 

短めの言葉をビートに対して何倍速にも乗せる技と意味の通る長いワードを即興で踏む技です。

 

2つ目の技は「Authority、ビビって後攻とったクソ青森人」「ACEの弟、っていうディスが今までほとんど」ですね。

 




 

MC鋼対NoZuは

 

初っ端からフリーキーなフローを巧みに操りながら韻を要所で落としてくる

NoZuのペースに鋼が飲み込まれる形に。

 

後日NoZu君に実際に聞いたんですが、

韻踏もうと思ったタイミングで『イケメン図に乗んな』ってのが自然に出てきて、それで『首チョンパ』まで思い浮かんだんですけど普通に言っても面白くないと思ってとっさに『スパッと』っていうのをいれました」

 

どうですか。これが驚異のフリースタイルです。以上!あざした!




 

W1NG対MOGURAはW1NGが少し余裕を持ちすぎちゃった感じですかね。

 

MOGURAはその間に着実に韻を落として、初心者とはいえ、

普通に勝ってしまったという形になりました。

 




 

夢句対HYDOは

 

先行からPSG神様のビートにうまく韻を落とし込んだHYDOに対して夢句も同じ戦法で対抗。

(参考動画:PSG)

 

「首振るホーミー、負けられないんだよ句に潤うに」はかっこよすぎました。

 

延長の「狂気の沙汰」からの押韻もかなり良かったですが

トラップのビートに速く乗っかってきたHYDOのペースを崩しきれずHYDOの勝利。

ディスの手数が多いHYDOの方が勝利を収めましたね。

 

夢句君に「あの実況は良く書きすぎですよ」って言われた!謙虚!以上!あざした!

 

 

 

T.T.K対SHABAZはお互いに決め手となるパンチラインが少ない中、

韻の手数の多さでSHABAZが勝ったという感じですかね。

T.T.Kはあの熱いバイブスでもっとガンガンSHABAZを攻め込めたらまた違ったかも知れないですね。

ミメイ対9forはミメイの長めの押韻の多さに対し、

気の利いたいわゆるトンチ系パンチラインとバイブス韻フローなど王道スキルで攻める9for。

フェイクかどうかは蓮舫の仕分け」のあえて遅く乗せる感じは技ありでした。

 

延長の「多重人格者、首切ります、バウンティハンター」

k-razyのサンプリング込みの押韻の後、

 

そこからの怒涛の韻の連打はさすが関西!

この接戦はバイブスを上手く操った9forが勝利。




 

2回戦からは気になったところだけ!

 

対Luiz時のNoZuのいきなり先行の頭でビートに完全に倍で乗っかる早口はすごかったです。

普通4小節くらいで速さをつかんでやるのが一般的だと思いますが、

あのやり方はかなり高度ですね。

逆にLuizの2ターン目の出だしから速めに韻を量産して最後まで貫くのもかなりの高スキル。

頭の回転、ビートアプローチなどあらゆる要素が必要になります。

 

 

そしてMOGURA。

彼はまたビートに合わせて韻を落とし込む。

 

またメガネディスもテンプレートだとして難なくかわしました。

 

対して先行のHYDEは「俺が勝つのが赤コーナー」とKREVAのサンプリングをしましたが、

ビートへのアプローチが少し遅れ、上手くはめられなかったため、

出だしとしてはちょっと失敗したかな、という印象です。

 

ですのでKREVAのサンプリングでも会場が沸かなかったのでしょう。

(参考動画:KREVA)

 

 

そしてベストパンチラインとなるSHABAZ戦の9for。

 

「転がっても七転八倒、8mile越えれば俺の数字だ。

それがわかるか?あとは中指を足してプラス1。

銃(10)を突きつけるぜ、お前のこめかみ。

銃で撃たれて天(10)に飛び立つぜ!」

 

 

えっと、僕が実況してた内容にじゃっっっかん間違いがありましたがいいよね!みんな細かいことは気にしないよね!それ!ワカチコ!ワカチコ!

 

数字を使った言葉遊びの究極かな、と。

8mileなどhip-hop用語もしっかり交え最後まで綺麗にまとめあげている技。

しかもこれを即興でやってるのだから驚きだ。

 




 

その後のANARCHYの話題をSHABAZに振られてから、

「ANARCHY、俺はfate、ライミング。余裕で決め込むハイチーズ」

 

ここのラインには辛口きょーじも大絶叫。ANARCHYのfateの冒頭

「下駄箱に置き去りのハイヒール。写真の中笑顔でハイチーズ」

の、サンプリングであるからだ。

 

その後もトンチの効いたライムが続き勝利。

(参考動画:ANARCHY – FATE)

 

 

ベスト4にはCore-Boy、Luiz、MOGURA、9forが上がったがMOGURA以外の3人は戦極のイベントで常に活躍するメンバーだ。

 

恐るべし戦極…。恐るべし正社員さん…。

 

 

 

Core-Boy対Luiz

これビートモクソモネエカラキキナ、じゃないんですよビート。

Younggunnzです。

ビートモクソモネエカラキキナのいわゆる元ネタですね。

 

まあ、ビートもクソも無えので聞いてください。

 

 

延長前はお互いのスキルをしっかり出して良い感じに均衡したかな

っていう印象ですね。ややLuizの方が手数多いかな、って感じですね。




 

MOGURA対9for。

 

ビートはRINO、「もうひとつの世界」。

 

ここまでの試合と同じく長い押韻で戦うMOGURA。

MOGURAはさすが進学校。

高校生ラップでの戦い方は研究済みということころでしょう。

 

奇策で来るのかなと思いきや、

普通にラップして普通にここまで勝ち進んでいくという戦術。

しかし、その戦い方では簡単に倒せないのが9for。

 

「ネタってわかる。11回もやってればネタってわかる」と、

MOGURAの戦術をディスり、

 

最後の深い衝撃の表現に「ディープインパクッット!」と韻も踏んでない上に文章でもない単語1つでパンチライン。

見てて鳥肌ものでした。

 




 

決勝

Core-Boy対9for

 

1番多かった予想の決勝カード!

ここまで全試合延長のCore-Boy。

 

対するは渋谷サイファー祭りでCore-Boyに勝利している9for。

 

ビートは横浜のOZROSAURS『AREA AREA』

(参考動画:AREA AREA)

 

一見、横浜レペゼン9forが有利に見えますが

パブロもオジロもレーベルメイト」

(戦極スパーリングのCore-Boyのバースより)のCore-Boyにも関わりのあるビート。

 

 

お互いにリスペクトを込めた中で韻をしっかり落としつつ両者一歩も譲らない戦い。

SOUL SCREAMの話を巧みに絡めたり、

戦極U-22での優勝ラップで語っていたように

関東のhip-hopシーンの中心は神奈川だと語る9for。

 

そして誹謗抽象コメントをCore-Boyに送り続けるyoutubeのコメント欄にも語りかけるCore-Boy。

目を見て言えないならやめとけよ」

 

 

この日1番のベストバウトは延長へ。

ビートは城南ハスラー。

(参考動画:城南ハスラー)

 

このゆったり怪しげなビートに載せて先攻Core-Boy。

 

俺が負けると思ってんだろひっくり返してやるからみとけ。」

 

これはMCニガリの選手権でのサンプリング。

 

そこから俺も腹括ったジブラのせがれだ。帰って寝とけヘタレPANG」

 

これはTOKONA-X、知らざあ言って聞かせやSHOWのサンプリング。

ここが実に上手い。

Core-Boyが1.2回戦でパジャマで来なかったとディスられたのはニガリとの戦極ファッションチェックMCバトルでの内容によるものだ。

 

そこでニガリは「帰って寝とけヘタレPANG」と知らざあのビートでサンプリングをしている。

 

これを決勝でニガリの言葉と組み合わせたのだ。

 

さらに9forはニガリをリスペクトしており、そこにも繋がる。

 

このラインは9forのここまでのトンチの効いたアンサー力にも劣らないだろう。

 

また、スクリーンいっぱいに映るCore-Boyのその時の目は真剣そのもの。

 

今までで1番彼からhip-hopを僕が感じさせられた瞬間でもあった。

 

 

しかし、9forも目が丸くなる、ゼログラビティ、

堪忍袋の尾と次々と出てくる気の利いたアンサーの数々。

 

 

やはり9forはバイブスのコントロールの仕方、客への魅せ方、ライム、フローなどの基礎能力が圧倒的に高い。

 

そして何よりこれらをバトルで使うのに最も適した形に変換することができる。

 

 

 

この決勝を制したのは9for!

 

(@B_sokuHH さん作成)

ちなみに決勝戦で戦った9for君、Core-Boy君ともとても礼儀正しい良い子です

 

 

下のフラッグは9for君に見せてもらいました

 

 

 

 

Core-Boy君は次回幕張メッセで行われる第12回大会にも出場表明していますし、

 

次も楽しみです。




 

帰り道には正社員さんと狂犬くんとインタビュー受けましたがテレビ使われてました?

 

 

あとじょう君にホテルまで乗せてってくださいって言われたんで、

じょう君御一行をホテルまで送り届けて仙台の旅は終了!

 

 

次の幕張メッセは友達10人くらい連れて騒ぎに行きま~す(^^)

 

 

優勝トロフィーごっこのきょーじ




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加