ZORNが好きすぎる件

ZORNが好きすぎる件

 

ライター:MC派遣社員(@prpmqjjpmzrm)

 

 

昭和レコードの3人目のMC、ZORN。近年続々と出すアルバムは全てヘッズからの絶対の評価をうける。

 

今回はZORN初心者ヘッズのオススメの聞き方やZORNについてを紹介します!

 

元々のMCネームはZONE THE DARKNESS

 

ZORN infoより引用

 

この名前の頃はMCバトルにも出場していました。

 

 

関東下町発のTHE罵倒では3連覇を果たしました。

 

 

 

はい、まずここです。

 

2011年のTHE罵倒グランドチャンピオンシップがめちゃめちゃ面白いです。

 

当時の周囲のスキルと比べてZONEは頭1つ出ている印象です。

 

1番の見所はvsハハノシキュウ戦。

 

ハハノシキュウのスタイルに怒りを覚えたZONEの友達がハハノシキュウをステージの下から捕まえようと手を伸ばしたり、怒号が飛び交います。

 

舞台は江戸川区小岩。

 

下町ならではの今では珍しい光景。

 

DVD買って見てください。




 
UMB2010。晋平太が優勝した東京予選。

 

準決勝で当たったのはZONE。

 

晋平太に「ミニ晋平太」と言われるくらい韻を踏みまくる。

 

この時のことを2016年の昭和レコードのライブにCreepy Nutsとして出演した際にR-指定は語った。

 

R-指定「当時高校生だった俺は家でフリースタイルやってたぐらいでしたけど、日本で1番うまい高校生は自分だと思って天狗になっていました。でもUMB東京予選のDVDでZONEさんを見てからその考え方は変わりました。強いMCをバッタバッタ倒してトーナメントを登っていく姿。その時から勝手にZONEさんは僕のライバルです。」

 

戦極MC代表MC正社員さんはツイッターでこう言った。

 

正社員「フリースタイルダンジョン、100万に1番近いのはZORN。」

 

 

 

今でも時折見せるフリースタイルでは韻を操るのはお手の物、という印象です。
さて、ZORNの楽曲の魅力を知るために、

 

ここからZORNを聞いてみようとするMCは何から聞けばいいのでしょうか。

 

まずは有名どころでしっかり食らって欲しいですね。

 

その前に!ZORNの楽曲は普通に聞いてもやばいんですが、

 

プロフィール、バックボーンを知ることにより何倍にも衝撃を受けることができるのでざっくり紹介しますね。

 

*レペゼン葛飾区

ZONE THE DARKNESS時代は新小岩の話をめちゃくちゃしますが、ZORNになってからは柴又の話が主になります。

 

実家が新小岩、現在は柴又に住んでいるということです。

 

個人情報じゃないの!?って感じですが楽曲中にめっちゃ出てくるから大丈夫でしょう笑

 

 

*少年院

東京UMBの後だったと思うのですが、少年院に入っています。少年院の作文コンクールで入賞したみたいなことが楽曲中で出てきます。

「年少の作文も最優秀賞」(Lyrical Shit Feat.HAIRO DE ROSSI)

 

 

*家族

2人の娘と奥さんの4人暮らしのようですね。

 

35年ローンでお家を最近買いました。

 

 

*新小岩・柴又

 

新小岩は“葛飾区”。総武線の駅名で自殺がものすごく多いことで有名です。

 

お隣小岩駅は江戸川区、東京の最東端。その先は千葉県です。

柴又はそこからバスで10分ほど。

帝釈天、こち亀、ふうてんの寅さんなどで有名な土地。

こち亀のオープニングテーマ「葛飾ラプソディー」内にも映像、歌詞ともに柴又に関するものが出てきますね。




さて、ここから楽曲紹介です!
奮エテ眠レ

ZONE THE DARKNESS時代の最も有名な曲。

般若『あの頃じゃねえ』にもこの題名が出てきます。

 

DARKNESS時代はとにかく渋いビートで踏みまくる。

 

しかもその踏む単語のワードセンスが渋すぎる。

 

 

 

My life

 

家族と暮らす毎日を描く。

 

ZORNの曲で人気投票したら恐らく1位になるであろう曲。

 

 

Letter

 

娘2人へ向けた手紙のような曲。

 

アルバム生活日和収録。

この曲によりZORNと娘たちの関係が楽曲中で初めて明らかになった。

 

新しい日々

 

生活日和収録のBrand New Dayのremix。

remixしてビートを変えたことによってリリックをより壮大に感じさせることになった。

 

次々と打ち込まれるパンチラインにやられること間違いなし。

 

もう少しyoutubeにも載っていると思うんでそれ聞いてハマったらアルバムを買って欲しいです。

 

オススメはこちら。って言おうと思ったんですけど本当に全部良いんですよね…




強いて言うならZONE THE DARKNESS時代のアルバムから聞き始めた方が楽しいと思います。

DARK SIDEはIntroでトベますし、CREATIONは曲数多いのに飽きずに聞けますし、

 

「誰だ」からの「誰だ~佐々木のぞmix~」の流れはさすがPUNPEEとしか言いようがないですし、心象スケッチは伝説のアルバムとしか言いようが無くて…って言いだしたらキリがないですね笑

 

ZORNはその韻やワードセンス、そしてZORNという人間の生き様を楽しむのに最高なヒップホッパーです。

 

MCバトルからラップ好きになったよ、って人もすぐにハマれるほどの魅力があると思うのでぜひ!

 

新小岩の隣町、江戸川区は小岩より、MC派遣社員がお送りしました~。




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加

1 Trackback / Pingback

  1. 第12回高校生ラップ選手権の全試合結果および内容解説。 | 日本語ラップ.com

Comments are closed.