高校生ラップ審査員のラッパー「MARIA」の魅力

高校生ラップ審査員のラッパー「MARIA」の魅力

 

 

 

◼︎MARIAとは

 

 

MARIA は、日本の女性ラッパー、R&Bシンガー。

 

日本人の父とポーランド人の母を両親に持つ。

 

学生時代はニューヨークで過ごし、現地で出会ったヒップホップ、R&Bに影響を受けアーティストとして活動を始める。

 

神奈川・相模原を拠点とするヒップホップクルーSIMI LABのメンバーの一員。

 

 

◼︎ラップ選手権でいじられるMARIA

 

 

高校生ラップ選手権で審査員として出演しているMARIAさん。

 

 

Rude-α vs M-6POの試合で

Rude-αが下記のようなバースをラップしたことから

 

 

俺のラップで夢心地
マリアにされたい筆おろし
今日も夢なら枕に託す
こいつに言うぜ
南無阿弥陀仏

 

このままトップ 
わかる?

琉球アジアの要
こっちは抱きます
MARIAと亜野芽~

 

これが発端で、
ラップ選手権でMARIAを高校生がいじる風潮が定番化しましたね。

 

 

◼︎そんなMARIAの魅力とは

 
女を武器とするフェメールラッパーが多い中で、

 

MARIAは女にスタンダートを置かず、男より男前なスタイル。

 

それにラップ以前の歌唱力やリズム力に長けている。

 

歌詞もアングラから抜け出していない感じが素晴らしい。

 

aaight feat. KOHH & MARIA (SIMI LAB)

 

YOUTUBEで年齢制限がかかるほどの歌詞。

 

KOHHとの共演となり、非常にディープな内容を歌っている。

 

 

 

MARIA from SIMI LAB – SPASA (Dir Havit Art Studio)


エナジードリンクのSPASAとのコラボした楽曲。

 

 

 

元々はメイクの専門学校に通っていて、内定先までも決まっていたらしいのですが

 

やっぱりラッパーになりたいと思ってアングルな世界に飛び込んだようですね。
そんなMARIAの動きに今後も注目です。




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加