日本語ラップオススメ楽曲〜未来を歌うMCたち〜

amateras

日本語ラップオススメ楽曲

〜未来を歌うMCたち〜

みなさんこんにちは!MC派遣社員です。
日本語ラップの曲はその人の生い立ちや置かれた環境を歌う曲が多いですが、
中にはファンタジーや未来のことを歌う曲もあります。
もちろんそれにも自分の立場からのメッセージがあるのが日本語ラップなのです。実際にいくつか紹介していきます。

1.禁断の惑星feat.志人/TAB001

非常にミステリアスなビートです。以下最初の方の歌詞を抜粋します。
“新天地探し新人類道との出会い知的生物”
“経済発展競争社会の行く末”
“人工衛星監視体制の下ボタン1つで瓦礫の山と化す産んだ発明で自ら滅ぼす自業自得と神が涙を流す”
“核戦争に敗れ悪戦苦闘する文明君の住む楽園の100年後”
“誤作動により放射能汚染オーバードーズした6箇所国家暴力目下冒涜を解く教科書じゃ消化不良だ坊や”
オススメの聞き方ですが、MVがyoutubeにありますのでそちらで映像を見ながら聴いて欲しいのですが、まず歌詞だけで全部読んで欲しいです。その歌詞の構成と物語性、メッセージ性の強さだけでご飯4杯はいけます。それとめちゃめちゃ韻踏むのでその辺の表現もがっつり体感しましょう。




 

 

 

2.人工知能電脳feat.Jinmenusagi/Y’S

こちらはタイトルどおりと言えばタイトルどおりの電子音のようなビート。こちらも最初の方を抜粋。そう遠くない未来、こんな時代が来るかもしれません。
“駄菓子にたまるガキはいないVR付けて街徘徊”
“宇宙人になる計画飯は食わない頭はでっかくいつかそれがトレンドおしゃれのステータス”
ストーリーというよりは未来の世界を単語で強く伝える作品です。




 

 

 

3.2045/SALU

新アルバム「INDIGO」からの1曲。
“少しずつ人間とロボットに距離が出来たのこの時期”
電光知能が人間と共存する未来の世界から始まります。
2章構成になっており、後半では完全にビートが変わりさらに未来の話が始まります。
この曲はAIの怖さを伝えているのでしょうか?それとも人間の怖さを訴えているんでしょうか?
オススメの聞き方はリピート再生です。最後まで聞いたらそのまま最初から聞くと2章が終わった後にそのまま初めの章との対比がもう1度できます。

https://itun.es/jp/Gmcujb?i=1229989260

さて、全部聞いたでしょうか?
本当はもうひとつ。「2018」と言う楽曲を紹介したかったのですが、その話はまた今度。
都市伝説などで未来の予想がされる昨今だからこそ色々と考えさせられるところがある曲ばかりです。みなさんもこの機会に我々の未来について考えてみては?それでは!







日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加