24歳でこの世を去ったポエトリーラッパー不可思議/wond­erboy

24歳でこの世を去ったポエトリーラッパー不可思議/wond­erboy

 

不可思議/wonderboyとは

孤高のポエトリーラッパー、不可思議/wonderboy。

2009年に彗星のごとく姿を現した彼は、独特な言葉のセンスとパフォーマンスで脚光を浴びた。2011年には日本を代表する詩人 谷川俊太郎と共演し、本人許諾で「生きる」を音源化。

透き通った声で歌われた同曲は、3.11直後の日本人に響き一晩で完売した。
その勢いのまま待望の1stアルバムを発表。しかしその約1ヶ月後、突然の事故死。
当時24歳の若さだった彼の訃報に多くのファンが言葉を失った。それから3年以上の時が経った。
彼がポエトリーラップに込めた想いは、下火になるどころかインターネットや仲間のライブを通じて広がり続けている。
YouTubeの動画再生も約70万回、ファンを公言するクリエイターも増えている。

 

 




 

 

私が彼のことを知ったのはYoutubeのこの動画である。

彼は新宿で数人のお客さんの前で「いつか売れた時に、ここで見たことを自慢にして下さい」と叫んでいた。

 

「6人だけのお客が、何度も続ければ何十人になる。
それをさらに何度も続ければ何100人になる。」

 

そんな言葉を歌っていた彼は、若くして交通事故で亡くなってしまった

 

しかし未だ尚、彼の音源はYoutubeに残っているし、再生回数は止まることを知らない。

 




 

不可思議/wonderboyの楽曲

 

 

俺達っていつかさぁ結婚とかすんのかな?
子供とかできてさ、庭付き一戸建てとかをローン組んで買ったら
できた気になるかな、ってこの話前にも聞いた気がするわすまんね
とりあえず今んとこは彼女とかもいないし
全くお金もないから可能性はゼロだね

 

 

 




 

 

生きているということ 遠くで犬は吠え 地球は回り
たった今もどこかで産声が上がり
兵士はどこかで傷つくということ

生きているということ たった今この瞬間が過ぎていくということ
いつかは死ぬとわかっていながら 永遠なんてないとわかっていながら
それでも人は愛するということ

 

 




 

GOMESSが歌った、彼への気持ち

 

高校生ラップ選手権での準優勝を皮切りに、有名ラッパーとなったGOMESSも彼への思いを歌っている。

 

 

生きていく、いつまでも生きていく

死んでいったやつも何度でも生き返る

そういう風にできている、そういうこだわりだ

そういう世界って事を最近になって初めて知った

コネなんてないし金なんてないし

政治や国境、そんなものを壊して

俺はこの空間で生きている

ここにきている200人かそれくらいの人間たちが

ここに生きていたという証言者になる

 

不可思議/wond­erboyは生きていた。
そして、彼が生きていたという証言者がいる限り彼は何度でも生き返る。

 

そういうことを歌っているのでしょう。
彼のTwitterは止まったままですが、彼の言葉はそこに残っています。

 

それに彼の楽曲は彼自身の分身のような存在のはず。
不可思議/wond­erboyはまだ皆の中に生きているはずだ、と私も思います。




日本語ラップ好きなら絶対!!

友達に追加